先月、iOS11.3がリリースされました。

いつもですが、大きなアップデートの際には何かしらの不具合も発生しています。

1.アップデートしたら、タッチが効かなくなってしまった。

修理店でパネル交換をしたiPhone8の一部で発生しているようですので、詳しく知りたい方は、ググってみてください。使われているチップにより特に格安のパネルで発生しているようですが・・・。

2.バッテリーの診断機能が追加になったけど、表示されない。

これもバッテリーに組み込まれているチップが違うために一部で発生しているようです。特にこの現象は、ある国のチップが使われているバッテリーに多くみられるようです。

どうもこれは、国内規格準拠のPSE規格品であっても発生しているようです。

市場には、コピーバッテリーとか、【Appleで不良としてラインアウト】されたバッテリーをAppleのマークを消して純正相当品としても流通しています。

これらのバッテリーで特に恐いのは、規格以上の電圧が出ていて本体のロジック基板が壊れてしまった店舗もあります。

他店で修理または、バッテリーの交換をされた方で、そんな不具合がある方は、一度当店へご相談下さい。