【iPad mini4】のタッチパネル・液晶の修理の続きです。

【修理3】センサータッチキーケーブルを外し、新しいパネルに取り付けます。

これには、半田付けが必要になります。

【修理4】次にホームボタンの移植をします。

このiPadの場合、ホームボタンのスイッチ部分がへたっていて、プレートの調節に難儀しました(汗)

【修理5】フロントカメラのガイドも移植します。

【修理6】パネルの取り付け(写メはありません)

通常の修理では、両面テープを新しいテープに貼り替えます。

今回も張り替えましたが、フレームの歪みがことのほか大きく、圧着しても浮き上がってきてしまいました。

お客様にことわり、接着剤をポイント・ポイントで使わさせていただきました。

今回の出来上がりとしては70点かな?

【最後に】

miniのタイプは薄いので、落としたりするとすぐにフレームが歪んでしまいます。

時間を掛けて出来るだけ歪みの矯正をしていますが、これには限界もあります。

十分気を付けてお使いください。