「iPhone6Sが充電が出来ない」と安曇野市から修理にご来店されました。

バッテリーの持ちも良くないけれど、昨日から充電出来たり出来なかったりで電源が入らない状態でのご来店です。

コネクタ部分の汚れがひどくクリーニングしても通電されません。ライトニングコネクタの交換の旨を伝えお待ち頂きました。

修理手順です↓

1.液晶パネルを外す

2.バッテリーコネクタを外す

3.バイブレーターを外す

4.ライトニングコネクタを外す

5.交換用のライトニングコネクタの取り付け

6.バイブレータの取り付け

7.内部のクリーニング及び防水シールの貼り替え

汚れています↓

8.液晶パネルのコネクタの取り付け

この段階ではふたは閉じません

9.バッテリーコネクタの取り付け

10.充電の確認

バッテリー残量が無かったので、立ち上がるまでに15分ほど掛かりました。

待っているあいだ外観の汚れもひどかったのでクリーニング。

11.通話の確認

通話用のマイクはライトニングケーブルと一体なので。

12.スピーカから音が出るかの確認

スピーカの接点がライトニングケーブルにあるので。

13.検証し終えた後に液晶パネルを閉じてねじ止めで完了