松本駅前のiPhone修理のスマフォドクターです。

昨日は、レッドとブラック2台のiPhone7Plusの修理のご依頼がありました。1台目は前回のブログの通りですが、これは2台目の修理ブログになります。

「タッチが効かなくなったので修理してほしい」とのことで電話を頂き来店されました。

外観を見ると右上が割れています。また、タッチは全く受け付けてくれません。強制再起動しても症状変わらずです。

「これくらいの割れだったら下半分くらいはタッチが出来るハズなんだけど、ちょっと変だな~」
と思いつつ、いつも通りに各部品も移植しパネル交換をしました。

しかし今度のパネルでも同様にタッチが効きません。
別のパネルでやっても同じ。

今回は残念ですが、修理不可です。
移植作業に3,40分ほど掛かったけれど、その逆をして元に戻す事に。

【不思議だったこと】の覚書

お客様から
1.ガラスが割れた状態で1月ほど使っていたが、電話中におかしくなり、その後一切の操作が出来なくなってしまったこと。
2.電話中に衝撃を与えたり、操作はしていなかった。
3.以前に保障サービスでキャリアショップで本体交換してもらったもの。
4.修理店で修理はしたことは無く、今回が初めて。

修理中に気づいたこと
1.パネルを開けるときに防水シールが一部分貼られていなかったこと。
2.ネジを外すときにネジにキズが付いていたこと。
3.ロジックボードに意味不明な文字が書かれていた。
4.液晶パネルは純正品が取り付けられている。
5.ラウドスピーカに指紋がいっぱい付いている。
1~5から、交換してもらった、このiPhone7Plusは全くの新品ではなく、Appleまたはキャリア側で修理または再利用をしてあるものだった。

【最後に】
今回は修理出来ませんでしたが、以前にもキャリアショップで本体交換して頂いたものを修理したことが有ります。
その中には、明らかに新品ではないもの、多く無いですがありました。

割れの状態です。

ロジックボードに何かの文字が書かれています。

拡大