スマートフォンは使い方とかバッテリーの状態にもよりますが、毎日のように充電をします。
長年使っていると充電コネクタのピンが摩耗し接触不良で充電が出来たり、出来なかったりが起きやすくなります。
今回のiPhoneSEもその症状でした。

問合せ頂いたときに、使っているケーブルも一緒に持ってきてもらうようお願いしました。
当店のケーブルを含め数本で充電の検証をしましたが、多少の違いはあるけど同じ状態。
充電ケーブルのコネクタを左右に動かすと充電出来るときもあり出来ないときもありました。
コネクタの内部・ピンもクリーニングをしても改善が見られません。

おかしなことに、充電のアダプタを挿してない状態なのに、雷マークが出たりもします。

このような状態なので、ライトニングコネクタ(ドックコネクタ)の交換ということになりました。
<交換したコネクタを分解してみて分かったこと>
お客様も記憶があるそうでしたが、水に濡らしてしまい使われていたようで、コネクタの裏側の半田付け部分が腐食し劣化していました。
原因は濡らしてしまったための半田付け部分の腐食でした。

松本駅前・スマホ修理のスマフォドクターでした!