レコードのCD化をひさしぶりに依頼されました。
依頼されたからにはやります!

でも、ここで問題が。

機器が解体状態だったので再度セッティングし直して使えるようにしなければならない。

使えるかなと思いながらセッティング。
うん、使えそう!笑

レコードのCD化は結構体力が必要です。
工程としては次の様な感じ。
①レコードを再生
②イコライザーをかけて出力
③アナログなのでデジタル変換
④PCにデジタル録音
⑤録音音源をwav出力
⑥wavファイルを編集し、ピッチノイズとか正規化を行います。
⑦編集し直したファイルをwav出力
⑧wavからCDに焼き焼き
⑨CDを再生しチェック

一連の作業は、
音飛びとかノイズのチェックのために、モニターしながらの作業です。
今回は録音中に音飛びとかノイズが起きてしまい、また最初からやり直し、3回ほど録音し直しました。

ご依頼されたレコードは、1962年録音のシューベルト「冬の旅」DIE WINTERREISE OP.89

年代物ですがカビも無く保存状態がとても良い一枚でした。