iPhone8,Xも発売から2年が経ち不具合でご相談に来られるお客様も増えて来ています。

実はiPhone8,Xについては今迄の機種と違い、なかなか本格的に始められずにスタートが遅れていました。

その頃のiOSのアップデートの影響の為なのか、ちまたではコピーパネルとの相性が悪いようで、画面を交換すると画面が反応しなかったり本体が文鎮化してしまうという話題もあり、安全を考えコピーパネルでの修理は前向きに勧めていませんでした。

今年に入りそんな話題も落ち着いてきて、新しいiOSでも特に問題になっていないので、様子を伺いながら画面修理をさせて頂いています。

当店では、コピー品の中でも品質的に安定している比較的高価なパネルを使用しています。

それでも、iPhone8,Xはまだ不安定な要素が多いのでコピーパネルでの修理は積極的には勧めないようにしています。

iPhone8,Xはまだパーツ代が高いこともあり、ご修理の料金もそれに比例して高くなってしまい修理料金が高めになってしまいますが、もっと安いコピー品での修理をされたい方は他店へ行って頂くようにお願いしております。

(もう1点)

iPhone8,X,XR,XSは画面修理で以前の機種と大きく異なる点があります。

iPhone8が発売された当初、話題になったのですが、iPhone8はただ画面交換しただけだと「True Tone」という機能が消失してしまいます。

環境光センサーというものがあり、どうやら画面側のチップに埋め込まれていて本体と紐付けされているようです。

そのため、オリジナルの画面から他の画面に交換すると、この機能が消失してしまうという状況です。

この「True Tone」機能の消失は当店のパネルでも発生してしまいます。

iPhone8やX以降の機種は、ただ画面交換しただけだと環境光センサーやTrue Toneの機能が無くなってしまうので、この機能を維持させるための専用の装置を当店では導入しています。

これを使えば、画面交換後もTrue Toneの機能を失うことなく、今まで通り使用することができます。

 

(注意) ただし、コピーパネルにはそもそも環境光センサーのためのチップ部品が搭載されていないので、この装置があろうが無かろうが、コピーパネルに交換後はTrue Toneは使用出来なくなります。

iPhone8,Xを使用している方で今までに非正規店で画面交換をしたことのあるかなりの数の方が、知らないうちにこの機能が使えなくなっていると思います。

ですので、高価にはなってしまいますが、オリジナルの再生パネルでの修理を強く勧めているのが現状です。