【水没修理〇】iPhone6を洗濯機で洗ってしまい電源が入らない

今年は昨年に比べ、水濡れや水没で修理に来られたお客さんは少なかったように思えます。
昨年は、登山中やツーリング中に集中豪雨に会い、濡らしてしまい起動しなくなったiPhoneの修理がとても多かった気がします。

今回は気づかず洗濯機で洗ってしまい起動しなくなってしまったiPhoneの修理のご依頼でした。

【水没修理〇】iPhone6を洗濯機で洗ってしまった

写真だと分かりにくいですが、ロジックボードも損傷しています。

こんな状態なので、
分解して基板等の洗浄をしながら、内心は「無理かも」って思ってしまいました。

それでもデータだけは抜きたいとの事でしたので、起動するまで修復させようと拡大鏡を見ながらの修理となりました。

本体を組立て直してから起動検証です。
おっ!
液晶画面にシミが見受けられます、起動時に目立ちます。

しかし起動してしまえば目立たなくなり、操作上は問題なさそうです。

今回は、買い替える前提なので、画面の修理はしませんでした。
部品の交換も一切なしで、この状態で修理完了とさせて頂きました。

【水没修理×と〇】水没させてしまったiPhoneの修理-2台

こんにちは、松本駅前のスマホ修理専門店・スマフォドクターです。

水没で起動しなくなってしまったiPhoneの復旧修理のご依頼です。

【修理不可】
1台目は、電源が入らなくなったので、充電ケーブルを挿して立ち上がるか試みたとの事で、一晩中挿しっぱなしだったそうです。

濡れたままの状態で通電したために電源周辺チップが焦げています。
洗浄してショートしている箇所は取り除きました。
残念ですが、損傷がひどく、ONになることはありませんでした。

それがこれ↓

【水没修理×と〇】水没させてしまったiPhoneの修理-2台

 

【水没修理〇】

お風呂で水没させてしまい電源が入らない状態で2,3日後にお持ちになられました。

まず、松本駅ビルのビックカメラのAppleサービスカウンターに行き、門前払いで断られたそうです。
「赤ちゃんの大事な写真が入っているので何とかしたい!!」
と、スマフォドクターへ、という経緯だそうでした。

お客さんは、水没させた場合、「充電ケーブルを挿すのは良くない!」と知っておられたようで、そのままの状態でお持ちになられました。

幸い、電源回りは大丈夫。
他の数箇所に焦げた跡がありましたが、本当に幸いなことに復旧しました。
(ショート跡を見てもうダメかなってって正直思いましたが・・・)

水没させてしまい電源が入らなくなってしまった場合は、
状態によって致命傷にもなりますので、ネットの情報は参考程度にしてください。

充電するのは一番危険です。

充電しても立ち上がらないiPhoneー本体交換?新規購入?修理?

お電話を頂きました。

お客様「充電が出来なくなって動かなくなってしまった。(たぶん立ち上がらないの意味)」

僕「接触が悪くて充電出来たり出来なかったりですか?それとも充電しても立ち上がらないという事ですか?」

お客様「一晩充電しても電池マークのまま動いてくれないんです!それで、機種を替えたんですがアプリの引き継ぎが出来ないので、修理出来ますか?」

僕「たぶん出来ます。90%いやー99%の確率で出来ると思います。」

お客様「じゃあ、すぐ行きます!!」

お客様、ご来店です。

iPhone拝見、そして検証がてら修理。
というか、単なるバッテリーの消耗で充電容量不足の状態だったので、バッテリーの交換。
ちゃんと問題なく立ち上がりましたが。。。。。

お客さん「駅ビルのAppleに行ったら、修理出来ないので本体交換になります。3~4万円也と言われた」

お客さん「購入したショップに行ったら、もう修理出来ないので、今、在庫処分でこれがお得なのでと勧められ購入してしまった!どうすれば良いんですか?」

僕「いやーそれを僕に言われても(苦笑い)」

僕「AppleもショップもiPhoneを購入して頂いたお客様なのにロクに見もしないで不親切ですよねー。でもAppleは基本的に本体交換するところ。ショップは新しい機種を売っているところです。いいカモが来たって新しい機種を勧めらてたんですねー(ちょっと口が悪い気が)」

お客様「新しい機種へのデータの引き継ぎってどうするんですか?ショップで何もしてくれなかったので…」

単なるバッテリーの交換なのに、
話の流れで、一から教えながらのバックアップからデータ移行、かれこれ1時間半。

最後にLINEも引き継いで終了となりました。

お客さん大喜び!!
僕は涙涙(笑)

iPhone、ガラス割れ・液晶不良の色々

こんにちは、松本駅前のスマホ修理専門店・スマフォドクターです。

スマホの修理依頼の中で半数近くを占めている、ガラス割れや液晶不良の修理中のワンショット。

写真を見た方が説明はいらないですが、軽度のものから重症のものまで様々です。

では、ご覧ください

iPhone タッチ出来ない・タッチしてないのに勝手に走るとき

こんにちは、松本駅前・スマホ修理のスマフォドクターです。

iPhoneを落としてしまい、タッチが出来ない、または、タッチしてないのに勝手に動いてします。

そんな時は、強制終了で電源を切るか、画面に触らないようにしてお持ちください。

パスコードを入力しようと無理にタッチして、最終的に復元しなければならないときもあります。

復元=初期化

大事なデータが消えてしまうこともあるので、電源を切るか、触らないようにしてお越しください。

今回の修理は、タッチが出来ない状態で勝手に走ることが無かったので、無事修理できました。

一歩間違えばデータが消えていたかも!