iPod 水没→諦めずに奮闘中->ダメでした③

こんにちは、松本駅前・スマホ修理のスマフォドクターです。

3台目のiPodの水没修理中の最終報告です。

 

充電用のライトニングコネクタ、新しいコネクタが入荷したので特殊半田付けです。

まず、半田付けの前準備として、基板側をキレイにします。

 

ライトニングコネクタをずれないように位置決め。

これ大事です。ずれてると半田がショートしてしまいます。

 

そして、いよいよ半田付けです。

綺麗に半田付け出来ました。

最終的に組み立てて、動作確認です。

 

しかし、立ち上がることは立ち上がるんですが、タッチが全くできません。

修理前と同じ(汗)

 

これ以上は手の施しようが有りません→3台目のiPodは修理不可とさせて頂きました(涙)

iPod 水没→諦めずに奮闘中! ②

こんにちは、松本駅前・スマホ修理のスマフォドクターです。

 3台目のiPodの水没修理中の途中経過です。

 

ロジックボードのチップ部品の数箇所に焦げた跡があり洗浄及び半田付けを施行しました。

充電用のライトニングコネクタも取外しましたが、

新しいコネクタが在庫切れのため、入荷するまでしばらく作業中断となりました。

入荷待ちー

iPod 水没→いくら充電しても起動しない

こんにちは、松本駅前・スマホ修理のスマフォドクターです。

 

iPod 水没→充電コネクタを挿すと電池マークは出るが、いくら充電しても起動しない。

先日の2台とは別の水没iPod。

一晩充電しても電池マークのままで起動せず。
バッテリーを付け替えても症状変わらずでした。

原因は?
このiPodは、充電コネクタのチップ部品が破損してました。

でも、
iPhoneと違いiPodとかiPadの充電用のコネクタは、
コネクタでなく特殊な半田付けで接続されてます。

この手の特殊な半田付けが絡む修理を実際にしている修理店は長野県には、ほとんどないと思います。

なので、コネクタの交換はなるべくやりたくない!
でも、やります!

iPod 水没→起動せず

こんにちは、松本駅前・スマホ修理のスマフォドクターです。

 
2台のiPodを水没。
1)1台はホームボタンが効かない。
2)もう1台は起動せず。
 
今回は、
2)の起動しない方を預かり修理することにし、
1)の1台目は、今回は、ホームボタン替わりにアシスティブタッチを出して暫定使用して頂く事にしました。
 
特に目立った損傷が無いのに、一晩充電しても起動しません。
 
バッテリーの基板接続端子を測定しても電圧が出てません。
しかし、バッテリーのユニットには、ちゃんと電圧(4V)が出てます。
バッテリーのチップが壊れてしまっています。
バッテリーのチップは修理不可なので、バッテリーの交換をさせて頂きました。

バッテリーが持たない!ママ何とかして!!iPod Touch6

そんなわけで息子さんのiPodを持ってお母さんが来店です。

当の本人と言えば、シネマライツで映画を観ていてバッテリー交換が済みしだい合流との事。

 

まず半田の道具を準備してから分解。

 

以前のブログにも書きましたが、iPhoneと違いバッテリーはコネクタは使われておらず基板に直接半田付けがされているので、半田ゴテを使っての作業となります。

端子はむき出しなので、取外し取り付けの時にプラス・マイナスをショートさせないように慎重さも必要。

なので、iPhoneのバッテリー交換に比べ2~3倍の時間が掛かります。

 

自分で交換しようとバッテリーを買ったまでは良かったけれど、やっぱり自信が・・・・という方も歓迎!バッテリーと本体を持ってご来店ください!