数秒間アップルマークが出て切れてしまう?

バッテリー交換のご依頼でしたが、それだけでは無かった!

 

お客様もきっと膨張しているバッテリーが原因だと思いバッテリーの交換に来店されました。膨張しパネルが浮いてしまってパネルを壊してしまう恐れがあるので、とにかくバッテリーを交換します。以前のブログにでも書いてますがiPad Air 2はタッチパネルと液晶パネルが一体構造の機種になっているので壊すと高額な修理代になります。

僕もたぶんバッテリーが原因と思いバッテリーの交換をさせて頂く事となりました。
iPadのバッテリーはiPhoneと違い大きなバッテリーです。接着剤で固定されていますので、テープで固定されているiPhoneとも違うところです。また、作業時間も何倍も掛かってしまいます。

バッテリー交換してもアップルマークが出て真っ暗になる!

 

メンテナンスモード( リカバリーモード、DFUモード)にしようにも、その前に真っ暗になり切れてしまう。バッテリーの残量はいっぱいある。

 

修理不可能と諦めかけていました

 

画面は真っ暗でもパソコンで確認するとUSB認識があることが分かりました。
それではと、アップデート(更新)を実行しました。結果は途中でUSB接続が切れてしまいエラー発生し、更新不可でした。

復元(初期化)では、ファームウェアの更新が順調に行き無事終了。これでアップルマークから電源が落ちる現象は解決しました。(今回はDFUモードのお世話にはなりませんでした。)

バッテリーは膨張していたので交換は必要でしたが、アップルマークで落ちる原因は、iOSのシステムの破損だったようです。アップルマークで電源が落ちる現象から1年間使わずにいたそうで気づいたら、今度はバッテリーが膨張していたので修理に来店されたとの事でした。

 

iPadの修理をもっと見たい方は、

立ち上がらないなどのiOSなどの修理は、

松本でアップルマークのまま、起動しないなどでiPhone・iPadの修理をお考えなら当店へお任せ下さい!

いつもと違う、故障かなと思ったら、その場で診断!安心提案します!

iPhoneのことなら、タッチが出来ない、バックアップを取りたい、データの移行をしたい!
どんな些細なことでもiPhoneの困ったを解消するお手伝いをします。お電話や直接のお問い合わせも多数いただいています。電話でお困りを解決できる場合も多数あります!長野県松本市、大町市、上田市、千曲市、安曇野市、塩尻市、岡谷市、伊那市、駒ケ根市、飯田市、諏訪市、茅野市と沢山の地域からご相談、ご来店をいただいております。