ipad(第8世代)のガラス割れ修理のご依頼 松本市笹部より

iPhone修理のスマフォドクター松本店です。
今回は、2020年発売の第8世代 iPadのガラス割れの修理のご依頼になります。第8世代のiPadは、iPad AirやiPad Pro、iPad miniなどがタッチパネルと液晶パネルが一体化になる中で、それぞれ別々に分かれた構造になっています。修理料金も一体化のiPadに比べ格安での修理が出来ます。

今回のご依頼は、そのiPadのガラス割れ(タッチパネルの割れ)の交換修理になります。お預かりをしたのが夕方とのこともあり、一泊二日での修理スケジュールにて修理をさせて頂きました。

タッチパネルに付いているパーツの移植は、ホームボタン(ケーブル付き)とインカメラのガイドの2つです。ホームボタンは両面テープと二液性接着剤を使用し使用中に剥がれないように固定をしますが、この作業に手を抜くとパネルを再び開けなくてはならなくなります。しかし、当店の使用している、タッチパネルの接着テープは工業用の剥がすことを前提にしていないテープなので、接着後に剥がすのには二苦労も三苦労もしてしまいます。そんな理由もあるので、ホームボタンはきっちりと付けます。

iPhone修理 スマフォドクター松本 ipad 画面修理

ipad ホームボタン取り付け

 

iPadの修理は毎回チャレンジです!

当店のiPadの修理実績は、ここから!

当店は、iphone、iPadの修理をして9年ですが、特にiPadの修理は時間を掛けて修理を行なっています。毎回毎回が品質へのチャレンジです。笑われるかも知れませんが、修理しながらiPad、iPhoneとの会話しながらやらさせて頂いています。
iPhone、iPadと使っていて、いつもと違う?故障?かなと思ったら、その場で診断!安心提案します!
スマホのことなら、どんな些細なことでもトラブル解消するお手伝いをします!
お電話や直接のお問い合わせも多数いただいています。電話でお困りを解決できる場合も多数あります!
長野県松本市を始め、安曇野市、大町市、上田市、千曲市、塩尻市、岡谷市、伊那市、駒ケ根市、飯田市、諏訪市、茅野市と沢山の地域からご相談をいただいております。