iPhoneが突然のアップルマーク

iPhoneを使っていて、あれ?突然に電源が切れ、起動したと思ったらアップルマークが出たままで起動しない状態になり慌てた方もいるのではないでしょうか。

アップルマークになってしまう要因は、ハードの故障に起因する場合やソフト面、iOSシステムのトラブルなど、さまざまな要因が考えられますが、ここでは割愛させていただきます。

もし、アップルマークになってしまったら?

1.ハード部品の損傷

iPhoneの水没や落下など物理的要因で部品が損傷しアップルマークになっている場合、その原因となっている部品の修理が必要ですが、メイン基板まで達している場合は復旧確率が低くなります。

2.ソフト面のトラブル

・iOSのアップデート中でのトラブル、
・充電不足によるシャットダウン、
・iPhoneのストレージ不足、
・アプリの使用中でのトラブル、
・メイン基板の故障など、

システムファイルの破損が原因になりアップルマークになることがあり、システムファイルの更新(アップデート)または復元(初期化)をしなければ問題が解決しません。

水没や衝撃以外でもメイン基板が壊れている場合は、復旧確率が更に低くなります。

アップルマークの修理でデータは消える?

1.ハード部品の損傷

物理的要因で部品が損傷しアップルマークになっている場合は、その部品の修理で正常に戻る場合が多く、100%保証は出来ませんがデータは消えません。但し、メイン基板まで達している場合は、確率的に低いと思った方がいいでしょう。

2.ソフト面のトラブル

1.と同様に基板が壊れている場合は、確率的に低いと思った方がいいでしょう。

アップルマークを解決すべく通常は、更新(アップデート)または復元(初期化)を行います。

更新が正常に終わったとしても、ファームウェアなどのiOSのシステムファイルに損傷があれば、再びアップルマークのままという場合もあり、最終的にやってみて結果を見る場合が多いです。

アップデート(更新)・復元(初期化)

①システムの更新で復旧すれば、データは残ります。

②更新で復旧しなければ復元に進みますが、この場合は復元が完了し起動するようになっても復元=初期化なので、データは残らないです。

一旦初期化されたiPhoneは、iCloudまたは、PCのバックアップからデータの復元になります。

■アップルマークのまま!松本よりiPhone修理のご依頼

朝起きたらiPhoneがアップルマークのままになって起動しないとのことで修理をご依頼されました。

始めに、更新(アップデート)を試みましたが、更新は正常に終わりました。しかし、再びアップルマーク。

次のステップ、システムの復元(初期化)で立ち上がりました。要因として更新中でのWifiの切断が考えられました。

■アップルマークから起動せず!塩尻よりiPhone修理のご依頼

写真ファイルが溜まって整理をしていたら、突然に電源が切れてアップルマークになってしまった!とのことで、塩尻よりご来店されました。

iPhoneのストレージがいっぱいだと、更新するための領域も無く、通常は、更新エラー16が返ってきます。必然的に復元(初期化)になります。

このお客様の場合は、珍しく更新が正常終了しました、復元をやる必要がありませんでした。ストレージの容量を確認すると、まだ十分余裕がありました。

アップルマークになった要因は、ストレージ不足では無くて別のところにあったようでした。

初期化でデータが消えてしまうことも説明させていただき作業に入らさせて頂きましたが、データが消えなくて良かったですね!

スマフォドクター松本店が、iPhone・iPadの修理で選ばれる理由はこちらから


松本駅周辺でiPhoneの修理やバッテリーの交換が出来る修理店をお探しなら10年の実績の当店にご相談ください。

スマフォドクター松本駅前店は松本駅東口の交差点曲がり角。iPhoneの修理で10年の修理専門店です。松本市・安曇野市・塩尻市からも沢山ご利用頂いております。安心で正確な修理でお客様から信頼され、人から人への紹介や家族でご利用されるお客様も多数おられます。今回の様なトラブルやガラス割れ・電池の減りが早くて持たない!水没させてしまった!iPhoneのことならお気軽にご相談を! 伊那、飯田、岡谷、諏訪方面の方もiPhone修理をお考えなら一度当店にご相談下さいませ。