iPhoneのバックアップ方法(iTunes・iCloud)

iPhone修理のスマフォドクター松本店

iPhoneに限らずバックアップの重要性!

落下や水没、突然の故障によってデータをなくしてしまうことがあります。トラブルは突然起きるもので、いざトラブルが起きた時にバックアップが取れていないことはよく耳にします。それ以外にも、間違ってリセットを掛けてしまった時にもバックアップを取っていることで、復元することが可能となります。当店ではiPhone修理のほかにも、設定やバックアップお手伝いもしております。iPhone修理をする際も、万が一のことを考え、iPhoneのバックアップを推奨しております。

iPhoneのバックアップ方法にはiPhoneから保存する方法とパソコンからiTunesを使用して保存する方法の2種類がございます。

iPhoneをiCloudでバックアップ方法

iCloudでバックアップを取る場合、WiFiの接続が必修となります。パソコンを使用することなく、ストレージで5GBまで無償でデータを保存することが出来ます。有償のプランでは100GBのデータを保存することも可能となります。ご自宅にWiFi環境が有れば、夜間に自動的にバックアップを取ることも可能となりますので、この方法は気軽に挑戦することが出来ます。

iPhone修理のスマフォドクター松本店、設定アプリの写真

【設定方法】

①iPhoneの設定画面アプリを開く

↓↓↓

②「iCloud」の選択

↓↓↓

③「バックアップ」をオンにする

今すぐバックアップを作成を選択すると、バックアップがスタートします。
下に前回のバックアップの日時が確認できれは完了です。

バックアップする範囲を指定したい場合は、

「iCloud」の選択
↓↓↓
「容量」の選択
↓↓↓
「ストレージの管理」から、アプリのバックアップする領域を選択することが出来ます。

iPhoneをiTunesでのバックアップ方法

iTunesを使用し、暗号化してバックアップを取る方法は、連絡先や写真データ、WiFi・アプリ・メールアカウント・ウェブのパスワードなどiCloudよりも、多くのデータを保存することが出来ます。毎日の手軽なバックアップはiCloud、しっかりバックアップならiTunesと定期的なiTunesのバックアップをお勧めいたします。

①iPhoneをパソコンと接続する前にすること

iPhoneでiCloudのバックアップをオフにします。※上記iCloudのバックアップ方法を参照
パソコンでiTunesを開き、「設定」→「自動同期」の項目をチェックを外します。※万が一自動同期が有効になった状態で接続を行うとiPhone内のデータとパソコンのデータが同期され置き換えられてしまう場合があります。
↓↓↓

②パソコンにiPhoneを繋ぎ、iTunesの画面にあるiPhoneを選択

↓↓↓

③「概要」→「このコンピュータ」と「iPhoneのバックアップを暗号化」にチェックを入れる

↓↓↓

④iTunesでのパスワードの設定

設定が完了すれば自動でiTunesへのiPhoneのデータのバックアップが始まります。ただしパスワードを忘れると復元が不可能になりますので、パスワードは必ずお忘れずにいてください。
「今すぐバックアップ」をクリックすると、暗号化はされずにバックアップが開始します。
↓↓↓

⑤バックアップ完了

iTunesで「最新のバックアップ」にある時刻が更新されているか確認してください。

※ご利用状況(OSやバージョン)によって表示内容が異なる場合があります。


iPhoneのバックアップ方法について、ご不明点はお気軽にご連絡ください

ガラス割れやバッテリー交換、ボタン修理などのiPhone修理のご依頼以外にも設定の内容や、バックアップ方法初期化など解りやすく説明いたします。データ移行や機種変更時の手間も一緒に解決いたしますので、お気軽にお尋ねくださいませ!!
水没や突然つかなくなってしまった。修理を考えているが、どうしたらいいのかわからない場合、最善の方法を提案いたします。最新機種の場合アップル正規店での修理をお勧めする場合もございます。
キャリアに相談すると、アップル正規店へ行ってくださいと断られた!迷惑そうにされ、対応が嫌だったなど相談を受けることもあります。大手にできない親切は当店の自信です。

長野県松本市、大町市、上田市、千曲市、安曇野市、塩尻市、岡谷市、伊那市、駒ケ根市、飯田市、諏訪市、茅野市でiPhone・iPhone修理のことならお任せ下さいませ!
親切丁寧、入りやすく、頼れる店舗を目指しております。