iPhoneが起動しない時に確認すること!

iPhone修理でご依頼が多いのが、ガラス割れ修理とバッテリー交換です。
次に多いのが突然iPhoneが起動しなくなった!というものです。何も反応しなくなり原因が分からないお客様がいらっしゃいます。そんな時に確認してほしいことになります。

iPhoneが起動しない時に確認すること

突然動かなくなってしまったiPhoneは状況をよく確認してから動作をしていただきたいと思います。
リュックに入れていて、水筒の水がかかってしまったということも!

まず確認してほしいことを順番に見てみてください!

①ガラス割れなどの外傷や水が付いていないか確認

落としたところが水たまりだったり、洗面所で落としてしまったり。
まずは液晶に傷やがないか確認してから水が付いていないかも確認します。
水濡れの確認方法はイヤフォンジャックや充電の部分、simトレーを抜いて内部が濡れていないか、水没反応が出ていないか確認します。

ここで水に濡れてしまった痕跡がある場合、速やかに松本駅前の当店へお持ちください!
下手に電源を入れようとしたり、充電することで、内部がショートしてしまったり、クリーニングで直らなくなってしまう場合があります。

②強制再起動をする

内部のエラーでフリーズしている場合があるので、強制再起動をしましょう!もしこれでも、動かない場合、充電器に繋いでみます。

ホームボタンやスリープボタンが壊れている場合、強制再起動が出来ない場合があります。電源が切れているだけであれば、充電器に繋ぐことで電源を入れることが出来ます。

③パソコンに繋いでみる

上記記載内容が全く効かない場合、一度パソコンに接続してみましょう!

パソコンに繋ぐと接続音と同期の確認が出る

もし、パソコンに繋いだ際に、接続音がなり同期の確認などが出る場合、内部が動いていますので、液晶を取り換えることで、データもそのままで修理をすることが出来ます。

パソコンに繋いでも反応がない

もし、パソコンに繋いでも全く反応がない場合、バッテリーか充電機の接続部分が壊れている可能性があります。
こちらも即日、データもそのままでiPhone修理をすることが出来ます。
しかしながら、水没や埃、カミナリやショートなので、基板が壊れてしまっている場合もあります。この場合直らない場合もございます。

パソコンに繋ぐと更新や復元を求められる

もし、パソコンに繋いで、更新や復元が求められる場合、自動更新などがかかり、途中でエラーとなり、iPhoneが起動できなくなってしまっていることがあります。そのまま、更新を選択し、無事更新作業が完了すれば、元通り使用することが出来ますが、復元を掛けてしまうと、iPhoneが工場出荷状態にリセットがかかってしまう為、データは無くなってしまいます。

 

故障かなと思ったら!その場で診断!安心提案!

iPhoneのことなら!動きがおかしい?バッテリーの減りが早い!急につかなくなってしまった!落としてしまった!どんな些細なことでもアイフォンの困ったを解消いたします。

電話や直接のお問い合わせで、お困りを解決!iPhone、iPad、iPodの最新機種の場合、Appleの正規の修理のほうがいい場合や数年使用されているiPhoneの場合、機種変更してしまったほうがお安くなる場合もございます。iPhone修理に出す前に事前にご相談ください。お客様の保証状況により最善の選択ができるようにいたします。長野県松本市、安曇野市、塩尻市、伊那市、駒ケ根市、飯田市、岡谷市、諏訪市、茅野市、大町市と沢山の地域からご利用ありがとうございます。